アツミテック
環境への取り組み
アツミテック
採用情報
アツミテック
水素が見えるシート
アツミテック
こだわり
アツミテック
ご意見・ご要望をお寄せ下さい
アツミテック
求人採用情報
アツミテック

SSLとは?

基礎研究

【基礎研究部門の紹介】

基礎研究部門では再生可能な自然エネルギー(地熱発電、廃熱発電、燃料電池)利用の低炭素社会の実現の為に大学の研究室や独立行政法人産業総合技術研究所と共同研究を行い、次世代の商品開発を行っています。
アツミテック
エンジンの排気ガスと熱で発電する「排ガス発電システム」の開発に成功
自動車をはじめ産業のさまざまなところで使われているエンジンは、燃料のエネルギーの3分の1程度しか使われておらず、残りは排ガスと廃熱として捨てられています。今回、アツミテックは独立行政法人 産業総合技術研究所(以下、産総研) と共同でこの排ガスと廃熱という捨てている( 未利用の) エネルギーを同時に利用して発電するシステムを開発しました。エンジンの排ガスの中には、わずかに水素、炭化水素などの燃料が残っています。アツミテックと産総研はこの排ガス中のごくわずかな未利用燃料で発電可能な燃料電池(個体酸化物型燃料電池) を開発しました。
また、排気ガスは熱も同時に捨てています。この熱を利用して発電する熱電変換材料という技術があります。片方を高温に、反対側を低温にした際の温度差により発電する材料です。燃料電池は発電する際に化学反応をおこしますので化学反応熱が発生します。排気ガスの熱と燃料電池の化学反応熱の両方を利用することでより大きな温度差を得ることが可能になるため燃料電池に熱電変換材料も一体化したシステムとし、「排ガス発電システム」をつくりあげることに成功しました。この「排ガス発電システム」は車やオートバイだけでなくプラント系の排ガスでも発電が可能です。

アツミテック
排気ガス中の未利用燃料(燃え残りガス) で発電する燃料電池+廃熱で発電する熱電変換発電ユニットにて最大400W の発電が可能
アツミテック
水素検知技術研究
再生可能エネルギーの究極である水素エネルギー時代を安全に迎える為の技術として水素検知技術にも取り組んでいます。
私たちの水素検知技術は一般的な水素検知とは異なり、水素吸蔵合金をナノレベルに薄膜化し水素に反応して透明になる合金を利用しています。外部エネルギーを必要とせず、「水素を目で見る!」事を可能としました。
この調光特性(水素に反応して透過率が変化する)を利用して光の透過や反射を利用した水素検知も可能です。
アツミテック
アツミテック